イベント

中学生の卒業旅行のおすすめの国内ツアーや場所は?子供だけで泊まれるホテルや安く行く方法も調べた!

卒業旅行

中学生だって卒業旅行に行きたい!
ということで、受験が終わったあとに
友だちとの思い出作りたいと
考えるお子さんたち。
親としては心配なことが多いです。

  • 「子供だけで泊まれるホテルはあるのか?」
  • 「おすすめできる国内ツアーの場所」
  • 「なるべく安く行く方法」

を考えました!

今回、
メインでお伝えするのは、
「卒業旅行に子供だけでいくときに注意しておくべきこと」
「安く行く方法」
「おすすめの国内ツアー先やホテル」です。

親子でいっしょに、
ご覧いただければ幸いです。

スポンサーリンク







卒業旅行に子供だけでいくときに注意しておくべきこと!

中学生だけで旅行に行く注意点は、
実際の問題として、
「保護者の同意書」を提出しなければ、
「ホテルに泊まれない」
「ツアーに参加できない」
などがあります。

「保護者の同意書」の用紙は、
旅行会社のサイトから
ダウンロードできるように
なっていることが多いです。

そのページで、
「保護者の同意書」の取り決めについても
確認してくださいね。

親の最大の心配な点は、
我が子が犯罪に巻き込まれることです。

近年は凶悪な事件が目立ち、
親心としては
「中学生だけで旅行に行かせたくない」
というのが正直なところです。

男の子だと「かつあげをされる」
女の子だと「性犯罪を受ける」
など最悪な状況しか浮かびません。

そういった被害は、
夏フェスの現地や
テーマパークの行き帰りでも、
起こりますからね。

子どもたちにすれば、
受験が終わった解放感と、
友達との思い出作りをしたい気持ちで、
胸がいっぱいになっています。

お互いに話を聞く器がないと、
旅行の話はまとまりませんよね。

親のほうからも、
子供のほうからも、
譲歩案を出すくらいの
配慮は必要です。

たとえば、
「日帰りなら、OK」
「親が許す予算の範囲以内で計画」
「安否の連絡を入れる時間を決める」
「大人が宿泊先に同行して、現地では自由行動」

などです。

4人で行くなら、
4人とも必ず親の許可を得ましょう。

1人でも反対している親がいる場合、
全員で無理やり説得するというのは
おすすめできません。

スポンサーリンク



安く行くにはどんな方法があるの?

全員が保護者の許可をもらえたら、
予算をなるべく抑えた旅行計画を立てましょう。

低予算で旅行をする方法の1つとして、
ホテルや旅館などの宿泊施設ではなく、
リゾート地にある親戚の家に
泊まらせてもらう手もあります。

たとえば、
テーマパークの近くに
親戚の家があると好都合ですよね。

それに、
遠方であっても
親戚の家に宿泊するなら、
親も許可を出しやすくなります。

「保護者の同意書」があるなら、
旅行会社のパッケージツアーがおすすめです。

予算も明確で、
行き帰りの日程と時間が決められているので、
親にとっては
安心できる材料が多いです。

予算を抑える方法としては、
「青春18きっぷ」で旅行する
というのもおすすめです。

受験が終わったあとなら、
春季用の「青春18きっぷ」が使えます。

2019年の例で説明すると、
発売期間:2019年2月20日(水)~2019年3月31日(日)
利用期間:2019年3月1日(金)~2019年4月10日(水)
といった具合です。

「青春18きっぷ」は、
安い料金で「乗り降り自由」なところが便利なんです。
改札の出入りを何度もできるんです。

1枚の「青春18きっぷ」で、
次のような使い方ができます。

(1)一人で5日間連続の旅行
または5回に分けての日帰り旅行(2)5人グループでの日帰り旅行

(3)3人グループでの日帰り旅行と
残り2回分で2人での日帰り旅行

中学生の卒業旅行に
安く行く方法を考えたいのであれば、
「青春18きっぷ」を上手に使って、
日帰りで行ける旅行先を計画してみましょう。

「青春18きっぷ」の詳細は、こちらで!

おすすめの国内ツアー先やホテル!

中学生でも宿泊できる施設!

中学生でも宿泊できる施設となると、
ユースホテルがあります。

参考ページは、こちら。

日本のユースホステルの宿泊料金は、
会員料金で3,000円前後です。

会員証のない場合でも、
1泊あたり600円の追加料金でOK!

素泊りなので、食事は自分たちで
準備することになります。

詳細は、こちら!

全国のユースホテルは、
こちらで探してください。

テーマパークのバスツアーが人気!

こちらは、「保護者の同意書」は必要です。

夜行バスで行って、
夜行バスで帰ってくる弾丸日程になります。

日帰りは、0泊3日ですね!

東京~大阪間を往復で、
USJも、TDRもパス(1日券)付きで、
20,000円しないプランがたくさんあります。

1泊4日の宿泊プランでも、
30,000円以内で抑えられます。

USJの企画も、TDRの企画も、
各旅行会社で競うように
ツアープランを設けていますよ!

ホテルは、
ツアー会社が提携しているところから
選ぶパターンが多いです。

USJとTDRなら、
思い出作りにハズレはなく、
友だちの中でも意見は一致させやすいので、
おすすめです!

保護者の皆さんも、
ツアーパックでUSJとTDRなら、
OKを出しやすいのではないでしょうか。

スポンサーリンク



おみやげは配送が便利!

おみやげは、
ネットで申し込んで配送してもらえる
サービスがあります。

中学生なので、
クレジットカード払いではなく、
NP後払い
(コンビニ支払、郵便局、銀行、LINE Pay)
になると思います。

東京のおみやげは、
こちらはどうでしょう。

東京チョコレート ワッフルサンドはこちら!

東京メープルパンケーキはこちら!

大阪のおみやげは、
こんな感じです。

蓬莱本館 ぶたまん&焼売セット(冷凍)はこちら!

かっぱえびせん たこ焼き味はこちら!

最後に一言!

未成年の子どもたちだけで、
ツアーへの参加やホテル宿泊には、
「保護者の同意書」が必要です。

中学生の卒業旅行では、
全員が保護者の許可を取ることが
絶対条件です。

急に打ち明けるのではなく、
早めに相談しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク